RFID備品管理ソフトウェアパッケージ タグ衛門

RFID(Radio Frequency-Identification)

  1. HOME
  2. ソリューションと製品
  3. タグ衛門(RFID備品管理ソフトウェアパッケージ)
  4. 活用ガイド

活用ガイド

会社名/業種 導入ソフト ご利用用途
カメラメーカー様
ショールーム
タグ衛門Gate-Standard
タグ衛門Handy
・ショールームでご利用頂くカメラデモ機の盗難防止用
・カメラデモ機の貸出・返却窓口における、貸出・返却業務
・ショールーム内各種機器の棚卸業務
情報通信工事業者様 タグ衛門Gate-Standard
(カメラオプション付き)
・工事事務所からの、設計図面、メディア等の機密情報の不正持ち出し監視用
・中央省庁内の設備工事のため、機密情報の持出監視の仕組みが必要
大手工作機械機械メーカー様 タグ衛門Gate-Standard
(カメラオプション付き)
・国外の保守拠点から、社員による保守部品(鋼鉄製部品)の不正持出し監視用
宅内通信工事業者様 タグ衛門Handy
カスタマイズ
・宅内工事で持ち出す機材の紛失防止用
 工事出発前に機材の持出登録→工事拠点から移動前に持出機材の紛失チェック
 →帰社時に機材持ち帰りチェック を行い、出先での機材紛失防止に活用
大手電気設備工事業者様 タグ衛門Handy
カスタマイズ
・資材倉庫からの建設資材持出登録用
お客様側で開発されていた既存の資材管理システムに、RFIDタグによる管理を行うよう改造する際、タグ衛門Handyの機能を流用
ソフトウェア開発業者様 タグ衛門Handy ・サーバ室(ラック内機材)の備品管理、棚卸業務用
タイヤメーカー様 タグ衛門Handy
(タグプリンタオプション付き)
・資材研究室における試験用部材の管理、部材検索用
・関連部署において棚卸用としても導入
建設業様 タグ衛門Gate-X
カスタマイズ
・鉄道施設工事現場における工具置忘れ防止用
・工事で使用する持込機材にタグを取り付け、工事開始時・終了時にゲートを通過開始時にゲートから入る機材のタグを読み取り、終了時にゲートを出る機材の タグを読み取る。
・全員出場後に、持込有り/持出無し状態になっている機材リストを作成し、現場への機材置忘れを防止
公共施設資料室様 タグ衛門Gate-Standard ・資料室からの書籍不正持出監視用
・ゲートアンテナを天井に埋め込むことで、出入口のクリアランスを確保

タグ衛門GateとHandyの活用事例

<<現状>>
カメラショールーム内のデモ機は、盗難防止のため、テーブルにワイヤーで固定されていて、自由に撮影することができない。

<<課題>>
カメラがワイヤーで固定されているため、来場されたお客様に、自由にカメラ機材をお使い頂くことができない。
機材が多数あり、棚卸業務に多大な時間がかかっている。

<<対策>>
貸出用カメラ機器にRFIDタグを貼り、セキュリティーゲート間を通過すると、アラームを鳴らし、スタッフに知らせる。
会sだし返却の際、ハンディーリーダーでカメラのタグを一括読み取りし、貸出票の作成を巣m-渦に行えるようにする。
タグ衛門Handy棚卸機能を使用し、貸出機材の棚卸時間を大幅に短縮。

タグ衛門Handyのカスタマイズ事例

外出時/外出先/帰社時におけるRFIDを用いた物品管理の活用事例

《現状》
業務中に社外へ物品を持ち出すことが多く、持ち出す場合は管理簿に毎回記入を行っています。また、外出先での物品の数量確認については、担当者が目視で行っています。

《課題》
持ち出す物品については、管理簿への登録や外出先での物品の数量チェックを行っていますが、担当者や管理者による確認が不十分であることが課題となっています。
管理簿への記入漏れや返却忘れなどが原因による物品の紛失
外出先ですばやく正確な物品の数量の把握が困難

《対策》
持ち出す物品にRFIDタグを貼り付け、外出時に登録することにより、持ち出し物品を正確に把握できます(担当者・管理者で情報を共有)。専用のハンディーリーダーを用いてRFIDタグを読み取ることで、登録や返却する場合の管理簿への記入は不要となります。また、外出先からの移動の際にもハンディーリーダーでRFIDタグを読み取り、その場で持ち出し物品と照合することで、忘れ物や紛失を未然に防止します。

《システム構成図》
1.外出前に持ち出す物品に貼り付けられたRFIDタグをRFIDリーダーを用いて一括で読み取ります。
2.読み取ったRFIDタグの情報を管理サーバへ送信し、関連づけられた物品を確認した後で、持ち出し登録を行います。同時に管理者へ物品の持ち出し登録通知が送信されます。
3.外出先でRFIDタグの数量情報を読み取り、管理サーバ側でRFIDタグの数量の照合確認を行います。また、新たに受領した書類や預かった物品にもRFIDタグを貼り付け、追加したRFIDタグの情報を管理サーバに登録します。
4.物品の紛失が発覚した場合は、RFIDリーダーと接続されたタブレット画面上に警告を表示するとともに管理者へ通知を行います。
5.帰社時にもRFIDタグの数量情報を管理サーバで照合確認を行います。
6.RFIDタグの数量を照合した結果、問題がなければ物品の返却登録を行います。

《管理内容》
・物品の持ち出し/返却状況の管理
会社や事務所からの外出時/帰社時に持ち出し・返却された物品や書類の数量をチェックします。従業員による  紛失の防止や不正な持ち出しの抑制につながります。

・棚卸支援
RFIDタグの付いた物品や書類をRFIDリーダーを用いて一括で読み取ることで棚卸しが行えます。手軽に物品や書類の数量を正確に把握することで紛失の早期発見につながります。